ガレージキット

2013-03
Handgun

ガレージキットの武器、主にハンドガンをメインに作ってみました。

1

1/12 (多分ブレードランナーの)ブラスター(ForestNotes/ガレージキット)
例のアレなブラスターです。サイズを考えるとスゴい出来です。

2

1/12 コルトパイソン 4インチ(無機物☆あんこ/ガレージキット)
こちらもガレージキットです。デジタル原型なのか良く出来ています。

3

Figma ルルーシュ・ランペルージの銃
玩具付属の銃をリペイントしています。

4

Mr.アッセンブルのハンドガン
同じく玩具のリペイントです。アッセンブルボーグから。

5

1/12 試製2型改良機関短銃(サークル荒俣屋/ガレージキット)
非常に珍しい帝国軍短銃のガレージキットです。形も面白い。

6

Sigure Flex(時雨さんとこのガレキ)
銃ではないのですがキャメラです。こちらもこのサイズでは珍しいキットですね。

7

どのキットどの玩具もとても良い出来で、弄っていてとても楽しいのです。

8

という訳で、ガレージキットや玩具のハンドガンをメインにお送りました。

2013-01
SOIL
Klondike / Garage kit

Klondike さんのガレージキットで SOIL を塗りました。このシリーズは4部作でこれが3体目の完成となります。最後の1体も完成させたい所。

360_SOIL  -1 373_chek of the look -4

3体目に作成しましたが、SOIL はシリーズの1番目だったはずで、いわばこのシリーズのイメージボード。実にキュート、そしてセクシーな造形です。

374_SOIL ( Klondike - Garage kit ) 375_SOIL ( Klondike - Garage kit ) 376_SOIL ( Klondike - Garage kit )

今回も失礼ながら、配色はオリジナルとは違う配色になっています。タミヤカラースプレーのレッドブル用の色を瓶に出してエアブラシにて塗装しています。なかなか綺麗なメタルブルーですが、この塗料は塗装膜がやけに弱い感じでしたので、クリアを厚吹きして保護しています。

377_SOIL ( Klondike - Garage kit ) 378_SOIL ( Klondike - Garage kit ) 379_SOIL ( Klondike - Garage kit )

また、今回、肌の色は意図的に白く落としています。他の2体とはまた違ったイメージにしたかったので出来る限り色白になるように調整。概ね自分のイメージ通りに色を乗せられたと思います。

380_SOIL ( Klondike - Garage kit ) 381_SOIL ( Klondike - Garage kit ) 382_SOIL ( Klondike - Garage kit )

他の2体と一緒に。早く残りの1体も塗って上げたいですが、果たして何時になるやら・・・

384_SOIL ( Klondike - Garage kit )

という訳で、Klondike さんの SOIL でした。

 

2012-08
Neko No Hito (the turn)
Garage kit

ぐりむろっくさんのガレージキット、ねこのひとシリーズで(向)です。以前に(抱)を作っているのですが、このシリーズは本当に好きなので購入後、直ぐに塗りました。

338_The check of a look (EYES) -6

相変わらずのやわらかな線で構成されたとても素晴らしい造形です。

340_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)

オリジナルの塗装例はもっと可愛い少女のイメージだったのですが、個人的な趣向でおねいさんな感じに無理矢理変更してしまいました。元のイメージを大切にされている方には申し訳ない。

341_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 342_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
343_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 344_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
345_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 346_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
347_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 348_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
349_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 350_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
351_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 352_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
353_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 354_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)
355_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn) 356_ねこのひと(向) - Neko No Hito (the turn)

 

Canal Vorfeed
Lost Univers
VOLKS
1/8 Garage kit

懐かしのロストユニバースより、キャナル・ヴォルフィードです。
ボークスの市販ガレージキット、キャラグミンシリーズとして発売されたキットになります。

一応、初心者向けのカラーレジンキットとなっており、その為、色を再現する為に凄まじい分割となっています。
部分塗装させるという妥協は全く無いようで、その分割には狂気すら感じます(褒め言葉
目は付属シールにて再現。シールのカット等は不要。

そして、説明書通りに組むだけでもう普通に飾れるレベル。いや凄いキットです。
このレベルのキットが、イベント販売ではなく、ボークスの店頭や通販で購入が可能なのですから、本当にボークスさんはがんばっています。価格もこのサイズのカラーレジンキットとしては破格。素敵です。

今回はこのカラーレジンキットをあえて塗装しました。
目は付属のシールをそのまま使用。
パーツが多くて大変でしたが、懐かしのキャラがとても可愛く再現されていて、作業はとても楽しかったです。

キャナルは本当に立体物に恵まれていなかったので、素直に嬉しい。
しかも手を入れやすいキットだし、いやもう、本当に良いものだしてくれました。

髪は緑色はちょっと・・・な気分でしたのでブルネットとまでは言いませんが、アニメっぽくなりすぎない程度に黝くなるよう塗ってみました。

照明が強過ぎて、シャドウが飛んでしまったり、赤部分がぎらついてしまったりと写真は失敗気味ではありますが、このキャナルの可愛さが少しでも伝わると嬉しいですね。

2012/05
The stock of unassembly garage kit
Treasure festa in Ariake

武装神姫用のネジでも買えればよいなぁと思い出かけた所、なんと、カグツチさんのほむらとまみさんが買えてしまし、とんでも無い出費に・・・
お財布にお金があまりなかったので、それ以外は小物を少しといいった所でしょうか。


夢のカグツチノ王国さんのアイテム、巴マミと暁美ほむらです。
どちらも素晴らしい造形で塗りたくて塗りたくてたまりません。
カグツチさんのセイバーシリーズも、リリィを除いてストックしているので、いつかじっくりと作ってあげたい所存です。嗚呼、ほむほむが素敵だ。


後はいつものように、奥さんへのお土産で塗装済みの完成品のねこを。
ももんだ等もあったようなのですが、売り切れていて無念・・・



その他、あたか工房さんのレースクイーンや、内藤あんもさんのミクを買ったりと節約モードで。
まぁ、うん、結構使いましたかね・・・
反省します・・・

2012/03
Hatsune Miku
Garage kit
Windflower
Wonder Festival 2012 Winter

ワンフェスで購入した、初音ミクさんのガレージキットを作製しました。
もう、兎に角、完成しなくてしなくて、結局2ヶ月位完成しませんでした。
本日、ようやく完成です。


ディーラーは Windflower さん。
ワンフェス会場で見掛けて、ああ良いなぁと思ったので買って来たという、いつものパターンです。
オリジナルはなにかの画集のイラストとの事で、今回の配色とは全く違うらしいのですが、ディーラーさん自身がカラバリとして作製されていた方が気に入ったので、そちらに寄せる形で配色しています。
サイズは 1/10 位でしょうか。
figma よりやや大きい程度で、正直な所、このサイズは結構作るのがツライです(涙


右足のパーツには本来、複雑なモールドが入っているのですが、パーティングラインの処理中にモールドをロストしてしまいました。
色々試みたのですが、どうにも復旧出来ず、全部モールドを埋めてしました・・・ホント原型を作った方には申し訳ないのですが、私の工作技術では、ちょっと復元は無理でございました・・・


また、肌の色もちょっと濃過ぎたかなぁと失敗を覚悟していたのですが、恐る恐る組み上げてみれば、ちゃんと天使のミクさんが存在していました。
ああ、多少は可愛く作れてよかった、と一安心した次第です。

そして、今回はちょっとカメラを変えて撮ってみました。
最初が K-5 でここから KissX4 です。
どちらも jpg ままですが、まぁ、カメラでここまで色味が違ってしまうと写真ってなんなのだろうなぁと思ってしまう事もあります・・・
尚、見たままの色に近いのはどちらか、という意味では断然 K-5 の画像でした。


鬼門のアニメ眼も妥協の産物ではあるものの、なんとか終了。
終ってみれば、割と可愛く出来た気すらしてくるので不思議です。

ようやく長いスランプから抜けたと思いたいのですが・・・
とりあえず、完成してよかったなと。
意外や可愛く出来てよかったなと。

次作からは従来のペースで行ければ良いなぁ、と期待していますが、果たしてどうなる事やら・・・

(=゚ω゚)ノ

2011/12
TAUSUS
Basil no Zoukei Damasii
Garage kit

今更感たっぷりですが、バジルの造形魂さんの TAURUS です。
ロボモードも、バイクモードもとても格好良い、オリジナルデザインのガレージキットです。。

レイキャシールと同じく、カラーレジン製の可動ガレージキットです。
変形等もとてもよく考えられていて、バランスもスタイルも良くて作って楽しい、動かして楽しいと、名キットではないでしょうか。

電人サボーガーを参考に作られたようで、シルエット等は色濃く影響を受けていますが、やはり、オリジナルデザインでこのバランスは素晴らしいの一言。

ミクロマンが丁度良く乗るサイズですので、乗せて写真を撮れば良かったかなと、少し後悔してますが、バイクモードもとても格好良いですね。

こちらも積みキットの消化という事で、さっくり作製し適当に塗ってみました。
いや、ホント、良いキットです。
女性型のレディローゼスも積んでいるので、こちらもまた機会をみて組んでみようと思います。

2011/12
RAcaseal ver 2.0
f-face Eden plastics
Garage kit

プラキットが入手しやすくなったので、大事に取っておく必要もなかろうと、思い切って作ってみました。
自分的には全ての始まりとなった、f-face Eden plastics RAcaseal ver 2.0 です。
浅井さんの超有名キットです。

カラーレジンの色が絶妙過ぎて、これと比べてしまうと、塗装でちょっと台無しにしてしまった感もありますが、ようやくきちんと作って上げられたので、これはこれで良しかなと。
まぁ、可動カラーレジンキットを塗るという事自体ナンセンスなのかもしれませんが・・・

それにしても、何もかもが懐かしい感じ。
この小ささにこのディテールは本当にすごいの一言です。
久々に作って、まじまじとこのキットの異常性を再確認した次第です。
ホントにすごい。

最新フォーマットのプラキットと比較するとその小ささが良くわかります。
正直、この大きさでこの精度とディテールは、今の目でみても異常ですよね・・・

という訳で、懐かしい積みキットの消化でした。
塗装の出来はイマイチでしたが、ご容赦を。

プラキットのレイキャシはまだまだバリエーションが出そうですので、全部作りますよ!!
コトブキヤさんには、本当にがんばって欲しいです。

2011/12
The stock of unassembly garage kit
Treasure festa in Ariake

2011年の〆のイベントとして、トレフェスへ行ってきました。
1時間弱しか時間が無かった為、ものすんごい駆け足で巡ってきました。
毎度、声かけ出来ない事が多く、申し訳ありませんです。

一カ所、グリズリーパンダさんの所はすんごい行列だったので諦めて、それ以外は概ね、いいなと思う物が買えてしまったなぁという感じです。
今回は、売れる所売れない所、差が激しかったのではないでしょうか。
規模が小さいとこの傾向はどうしても出てしまいますから・・・


1/35のランドメイドや、リアルよりの造形のリセチー等、好みの造形物を堪能しつつ、気に入った物は購入させてもらいました。
ちせちーはかなり好きな造形です。かなり塗ってみたい感高い。
というか、塗りますが。

また、ほんとうに好きな造形を作って下さる、Klondike さんで新作が出ていたのでこちらも購入。
また、Atomicbomb さんの Web で通販されていた自転車と女の子を。
こちらは Web 販売瞬殺だったようで諦めていたのですが、業者抜きになって会場で販売されており、どっちらかというと得した感じです(笑 抜きが良いと作業が楽なので。

後は、ずっと気になっていた、おすわりネルさんや、写真を忘れたのですが、クマも買えました。こちらは事前に写真等見た訳でなく、会場で即買い。2パーツ構成のシンプルなキットですので、早いうちに組んであげたい所です。

例によって、リアルとアニメ調半々位のアレンジが大好きなので、そいういった造形ばかりゲットという事になりました。
まぁ、仕様がないよね。
趣向ってものがあるしね(;´Д`)

Aegis
Persona 3
3D Megane
Garage kit

長かったガレージキットの修行も、ようやく終わりを迎えました。
本当に今年はガレージキットばかり作製していました。
それもこれも、確か2年程前に一目惚れして購入した、このアイギスを作製する為の修行でした。

3Dメガネさんで販売されていたアイギス。
コレを買って、これを作りたくて都合ガレキ9体、修行をしていたのです。
ああ、ようやく作れるようになったなぁ、となんともいえない気分で作業をスタートです。

今回はメタリック塗装を主体にしたかったため、全ての下地をシルバーで吹いています。
シルバーは、ガイアノーツのスターブライトジェラルミンを同社の専用溶剤・メタリックマスターで割って塗っています。
シルバーは扱いがデリケートなものが多いのですが、このスターブライトジェラルミンは、その色味と塗膜の強さで愛用しています。これまで使ったシルバーの中でダントツの使いやすさです。とても良い塗料。

そして鬼門のアニメ眼。
ですが・・・、 まぁ、うん。
適当に塗りました。
すいません・・・

かなり馴れて来たつもりでしたが、相変わらず苦戦。
本当に苦戦で、アニメ眼を入れるのは本当に辛い作業です。

しかし、難関を乗り切ってしまえば、独特のアレンジが効いた、セクシーなアイギスを手に入れる事が出来ます。
もうなんというか、オリジナルものとか、こういう大胆なアレンジが本当に 好きなんですよね。自分は。

また、表情もいい。
がんばって、作ったかいがありました。

寺沢立ちというか、コブラ立ちというかバックショットもとても奇麗で素敵です。
もう、本当にこれが机の脇に飾っておけるという事が、とても嬉しいのです。
奇麗だし格好良いのです。

そんなこんなで、色々とアラも有りますが、見ての通り非常にセクシーで格好の良いアイギスが完成。
作業途中、筆で塗り出したり、どうなる事かと思いましたが、なんとかまとまってよかったなぁと。

これで修行の旅も終わり。
あ〜、ようやく作れたなぁ。
そんな感じです。
うん。