ゴッドハンド

All posts tagged ゴッドハンド

ずっと試してみようと思っていたのにタイミングがなかなか合わず、品切ればかりでなかなか買えずにいたとても評判の良いゴッドハンドさんのアルティメットニッパーを、ようやく買う事ができました。
尚、購入したのは普通のニッパーとのセットで、この普通のニッパーもタミヤの薄刃並みとは言い切れませんが、値段の割に中々の使い勝手。ゴッドハンドさんは良い道具を作るなぁと感心仕切りです。

15568626486_b733483cd4_k(1)

そして、先日あまりの形の良さにHGグリモアをつい買ってしまった事もあり、折角なのでの新しいニッパーの試用も兼ねて仮組してみました。

さて、ニッパーを使ったプラモデルのパーツの切り出しにはいつくか方法はあると思いますが、僕は一旦ゲートを残した状態でランナーから切り離し、その後、ゲートを切り離して処理していく2段階切り出しをする事が多いです。特にガンプラの場合。
15436613919_2b0d70f589_k

そのため今回、一段階目では一緒に購入した普通のニッパーを使い切り出しを行い、その後のゲートの切り離しでアルティメットニッパーを使ってゲートを切り離すという使い分けをしました。一段階目の切り出しにおいてゴッドハンドさんの普通のニッパーは過不足無くストレス無く処理ができました。ただし今回はランナーの太めの位置からの切り出しを余儀なくされたため、何時も愛用してるハセガワのエッチングニッパーの方が使い勝手が良かった局面もありました。

15002486404_237c371576_k

最近のガンプラをあまり作らないが故に他のキットもそうなのかは分かりませんが、今回のグリモアのキットはゲート付近が写真にあるように何故か太くされてしまっており、2段階切り出しに置ける「まずはゲートを少し残して切り出す」際に、いきなり太い部分から切り離す必要があったため、気を使わず太い所からいきなりざっくり切る事が可能なエッチングニッパーを使った局面が何回かありましたが、逆に2段階切り出しをしないで、いきなりゲートに刃をピタリあてて切り出してしまうような場合、これはもう切れ味抜群のアルティメットニッパーの圧勝だと思います。

15437127648_c8095b3c77_k

そしていよいよ、パーツの2段階切り出しの2段階目でアルティメットニッパーを使った訳ですが、やはり噂通りの切れ味でストレスも無く作業は進んでいきました。
僕の場合最終的に塗装をするためゲート跡は結局ヤスリで処理する事になるのですが、変なえぐれ方もせず、最小限の手間で処理が出来たため、やはり切れ味が良いというのは作業を楽にしてくれるようです。

当初、結局最後にはヤスリ処理する訳だから、そこまで切れ味があってもなぁという思いはあったのですが、実際に使ってみるとこれはアリだなと思うようになった次第です。
意外だったのは、写真のようにえらく太いゲートがついてしまったいる箇所が、スパットえぐれる事も無く切除出来て非常に便利だった事です。繊細な部分ではなく、太い所を切った時の方が効果が大きいとは・・・と妙な感心をしてしまいました。

ただし、刃の当て方が甘く微妙にゲートを残した場合、両刃のニッパーは再度刃を当てて削ぎ落とすように残したゲートを処理できましたが、アルティメットニッパーは片刃であるが故に向き等を少し考えないとうまく処理出来ず、少し時間を取られてしまう事がありました。

15437279187_773e1dabf2_k

また、逆に意外だったのは、今回、グリモアの頭が胴体に埋まる位めり込むような調整したかったので、首の接続用のポリキャップをアルティメットニッパーで切り詰めてみたのですがその切れ味のお陰か、加工が難しいポリキャップをとても綺麗に切れた事でした。
また、目の部分のクリアパーツの切り出しも白化したりせず綺麗に切り出せました。クリアパーツの切り出しにはダントツで相性が良さそうです。

15620592201_5a8ff8e4c8_k

当初、切れ味が良すぎる事で刃が思わぬ角度で入ってしまいパーツがえぐれる、という過去に別メーカーの究極ニッパーで味わった現象を恐れていたのですが、使ってみればそのような事も殆ど発生しませんでした。
アルティメットニッパー、評判通りかなり使えそうです。本当に素晴らしいニッパーだと思います。

 

と、そんな訳で、グリモアの仮組は終わり。
思った通り、実体弾装備が似合いそうなロボットです。
ああ・・・とても格好良い・・・頑張って塗装まできちんと終らせたいなぁ。

グリモアは次から塗装編です (=゚ω゚)ノ

 

今回、ゴッドハンドさんのスポンジヤスリ、「神ヤス」をガレキの整形に使ってみたので、軽く所感を。
(尚、記事中「3Mのスポンジ」と記載されているものは、3M社製スポンジ研磨材5083(スーパーファイン)を示しております)

IMGP4578

使ってみると、3Mのスポンジと比較して削除性能がなまる事無く維持されるようで、非常に高性能に感じました。その分、若干柔軟性に劣り、やや硬いなという印象です。

IMGP4577

写真の上から、3Mのスポンジ、神ヤス 5mm、神ヤス 3mm、神ヤス 2mm となります。厚み的には神ヤス 5mmが、普段使用している3Mのスポンジに近い感じです。

僕の使い方ですと、若干の硬さもあり 3mm がベスト。細かい所はエッジを押し込んで処理したがる癖があるので 2mmはへにゃり過ぎてダメ、5mmは柔軟性にかけ、作業中に時折「ボムん」と戻ってしまい粉塵拡散祭り連発でちょい厳しい。

使用感として概ね良好なのですが、削除性能が一定の為、3Mのスポンジのように徐々になまっていき、最後にはあまり削れなくなって気がつくと自然に磨きになっている、という嬉しいような悲しい仕様がありません。

その為、工程によって適切な番手を使う必要があります。
そのうちなまって磨きになるからいいか、と適当ルーズな使い方ができないので、面倒くさがりの僕にはちょっとマイナスでした。

また、削除性能が一定で硬いという特性からか、3Mのスポンジヤスリにあった、力の入れ具合で削除具合を調整するというのがあまり効かない感じがします。今回、自分が3Mのスポンジを使っていて、いかに自然にこれをやっていた事かを思い知らされる事に…

このため、適当に当てて微妙な曲線を削りすぎないように気を使う側面がありました。微妙な曲線のある美少女系ガレキにおいては若干の注意が必要かもしれません。メカ物だったら逆にこの特性がプラスになる気がします。

最後にコストですが、3Mのスポンジが基本使い捨てでガレキ一体に対して概ね1シート消費するのに対して、神ヤスはまったく交換の必要を感じませんでしたので、そうとう長く、安く使えるのではないでしょうか。適切な番手を選んで使えばかなり良し。

以上、今回二体分の美少女系ガレキを、神ヤスで整形してみた感想でした。原型作る人やメカ物で使う人とはまた印象が違うかもしれません。あくまでの個人的な感想という事で。尚、僕は3Mのスポンジと併用という形で使用継続です。

以上終り。